アメリカの先進医療とメタボリックの先進国であること






どのような状態で、メタボリックシンドロームは診断されますか?

メタボリックシンドロームを診断するためのよく認められたアメリカには基準が、ありません。
国立Cholesterol Education Program(NCEP)Adult Treatment Panel III(ATP III)によって提案される基準は、
マイナーな修正で、現在推薦されて、広く使われています。

米国心臓協会と全国心臓肺臓血液学会は、メタボリックシンドロームが
これらの構成要素のうちの3つ以上の存在と確認されるよう勧めています。
ちなみに、日本ではメタボリックシンドロームは2つ以上の要因とされています。

高い胴囲:男性は120cmを超えるもの
       女性は88cmを超えるもの

コレステロール:HDL(悪玉)男性 ? 40mg/dL未満 
           女性50mg/dL未満

血糖値:130/85mm Hgを超えるもの100mg/dLを超える。

あくまでもアメリカ人の体系におけるものです。
言い換えれば、この数値を日本人に置き換えると
それはかなり深刻な状況といえるでしょう。

ですが、私は、アメリカの先進医療とメタボリックの先進国であること
国の対応が日本よりはるかに以前から行われたことを考えると
日本のサイトの記述より、信頼度が高いと考えます。



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック