厚生労働省を信じるな・・・日本人の欲ばりが集まる組織!

厚労省が将来の医療負担を避けるため・・・つまり健康への思いのない企画! 国が健康保険法を改正したことで、厚生労働省は、2008年度からメタボリック・シンドロームの予防・改善を目的とする新しい健診制度を導入する計画を打ち出し、健康保険組合にメタボ対策を義務付けました。 メタボリック・シンドロームの予防対策をしていない健保組…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お知らせです!メタボリック研究会!

ただいまブログサイトのリニュアる中です。 恐れiりますか? こちらにお進みくださいるか? アドセンスによる次のご訪問ご訪問しください! ブッログは、ブログ村4位のメタボリック親爺にご訪問ください! ・メタボリックシンドロームの教科書とその対応 ・メタボリックシンドロームBLOODCOM ・メタボリックシン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知ると知らないじゃ!生きるか死ぬか?

知ると知らないじゃ!生きるか死ぬか?高血圧講座! 高血圧症にも様々な種類があるんですね? ホルモンが異常分泌されて血圧が上がる。 内分泌性高血圧症 以前は、高血圧患者約350,000万人の1% そして、今は5%う以上と言われている。 内分泌高血圧症の一種で原発性アルドステンセン症と言うのがあるらしい。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「食の安全」8割が不安

メタボ対策、30代で低調 「食の安全」8割が不安 -食育意識調査 食生活に悩みや不安を感じているのは、男性では3人に1人、女性では2人に1人で、その内容は「食の安全性」が81%と高いことが内閣府が行った「食育に関する意識調査」結果で分かった。 不安や悩みの内容はほかに、「家族の健康」50.7%、「自分の健康」46.7%が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

私は、アメリカ生活が長かったので、 メタボリックシンドロームについてもアメリカのサイトからの 情報をこれらのブログで、お伝えしてます。 そこで、炭水化物のダイエット・・・つまりご飯を食べない。 麺類とご飯を食べないで・・・お腹いっぱい食べても 直ぐに痩せます・・・! しかし、あるブロガーの方が日本人には、適応しない!…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

血糖値が高くても・・・好きなお酒は止められない♪

「血糖値が高くても・・・好きなお酒は止められない♪」・・・なんてCMあるけど・・・? 本当に血糖値で苦しんでる人には・・・笑えません! 人の命に関わることです。 自覚症状がなく・・・突然異変が起こるのです・・・! もう何人かの友達はこの世を去りました。 メタボリックシンドローム・・・本当にCMの商品で血圧が安定する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタリックシンドロームと対処法!

メタリックシンドロームと対処法 メタボリックシンドローム生活習慣が原因となる病気は、 多くの種類があり、どこまでがメタボリックと定義されるのか明確な境界はありませんが、 このサイトではメタボリックの改善で予防可能な病気を列記しますので、メタボリックの病気を理解し、 健康な体を維持するためにお役立てください。 …
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more

メタボリックシンドロームと糖尿病・・・!

メタボリックシンドロームは本来病気でありません。 しかし、それは心血管疾患になるためのあなたの危険の重要な評価です。 メタボリックシンドロームは、タイプ2糖尿病のあなたの危険性を増します。 メタボリックシンドロームと糖尿病は、心血管疾患(例えば心臓病と脳卒中)になる際に起こることがありえるアテローム性動脈硬化症(動…
トラックバック:8
コメント:0

続きを読むread more

5つの主要構成要素が、メタボリックシンドロームの診断にあります。

一部の人々は、遺伝的にインシュリン抵抗を高める傾向を与えられます。 この性質が肥満と座りっきりのライフスタイルと結合されるとき、メ タボリックシンドロームを作る状況の一群は発達することができます。 それは、あなたをタイプ2糖尿病といくつかの心血管条件(例えば心臓病、腎臓病と脳卒中)を 進展させることの危険があります。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メタボリックシンドロームは、何ですか?

メタボリックシンドロームは、何ですか? 一緒に危険の指標を糖尿病、心臓病、脳卒中と他の心血管状況に提供する障害の一群を記述するのに用いられた比較的新しい学期です。 インシュリン抵抗は、メタボリックシンドロームの基礎です。すい臓はインシュリンを作って、体の中の細胞が消化の間、生産されたブドウ糖を使うのを助けるために、それを血へもた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカのメタボリックシンドローム・・・怖いです!

これは、アメリカのメタボリックシンドロームについても記述です。 もちろん、体系も違うので基準も日本とは違いますが、この基準に該当すると言うことは、かなり危険な状態であると言うことです。 日本のメタボリックシンドロームの基準値の方が厳しく、逆に日本のメタボリック基準に該当してもその時点では、危険性が少ない。 いわゆる、近い将…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more